英国のブックメーカー サッカープレミアリーグ

トップレベルの選手たちが集結するロンドンのサッカーチーム

ロンドン

英国といえばサッカー発祥の地として知られており、今や多くのサッカー好きが愛してやまないプレミアリーグがある国として知られています。 各クラブチームには世界トップレベルの選手たちが集結し、毎回白熱の試合をサポーターに届けてくれています。

サポーターたちもひいきのチームを応援するためにスタジアムに足を運び、必死に声援を送っている光景がとても目立ちます。 もはや一種の文化として、しっかりと根付いているのが分かります。 白熱の試合の中でも最も盛り上がるのが、多くのサポーターを持つロンドンのサッカーチーム同士の対決です。

この地域には現在いくつかのクラブチームがありますが、その中でも人気が高いのがアーセナル、チェルシー、トッテナム・ホットスパーという3つのサッカーチームです。 このうちアーセナル対チェルシーがビッグロンドン・ダービー、アーセナル対トッテナム・ホットスパーがノース・ロンドン・ダービーと呼ばれていて、世界中のサッカー好きを虜にするほどの激しい試合が非常に魅力的です。

ロンドンが本拠地チーム同士の試合の特徴

本拠地チーム

イギリスはスポーツとしてのサッカー発祥の国です。 プレミアリーグはサッカーチーム20クラブが参戦しており、世界中で約10億人以上が視聴する人気の高いサッカーリーグです。 日本人選手も何人か所属しており、日本人になじみのあるサッカーチームも多いです。

ロンドンにはプレミアリーグ、2部〜4部リーグまで計14のクラブチームがあります。 ロンドンに本拠地を置くクラブチーム同志で対戦する試合はダービーと呼ばれ、地元住民を中心に人気があります。

ダービーは地域同志の因縁や歴史的対立も加わり、地域や行政、メディア全体でのお祭り騒ぎが繰り広げられます。 お祭り騒ぎが高じてサポーター同士の暴力沙汰に発展することもあるのが特徴です。 主要なロンドンダービーは、アーセナルFCとトッテナム・ホットスパーFCとの間で行われる「ノースダービー」、チャールトン・アスレティックFC、ミルウォールFC、クリスタル・パレスFC、AFCウィンブルドンの4チーム間で行われる「サウスダービー」、チェルシーFC、フラムFC、クイーンズ・パーク・レンジャースFC、ブレントフォードFCの4チーム間で行われる「ウエストダービー」があります。

英国サッカーの歴史とロンドンのサッカーチーム

歴史

イングランドには4万を超えるサッカーのクラブチームがあり、2位のブラジルを1万以上引き離して、世界トップを誇っています。 サッカーチームの多さは、英国サッカーの歴史の古さを物語っています。

サッカー発祥の地であるイギリスでは、1863年に成立したフットボール協会がルールを統一、1885年にプロ化が公認され、1888年に世界初のフットボールリーグが設立されました。 これが現在のプレミアリーグの原型となっています。 ロンドンを本拠地とするサッカーチームも多く、年度によって異なりますが、1部プレミアリーグと2〜4部リーグを合わせて十数チームが所属しています。

プレミアリーグに所属する有名チームには、アーセナル・チェルシー・トッテナムなどがあります。 いずれも100年以上の歴史を持ち、世界的にも人気が高く、サッカー界に大きな影響を与える存在になっています。 これらのチーム同士の対戦は、ロンドン・ダービーと呼ばれることがあります。