英国のブックメーカー サッカープレミアリーグ

プレミアリーグのブックメーカー投資

手

経済格差が叫ばれる現代社会において、人々の中でも投資に関心をよせる人が増えてきました。そうした人の中には、外交為替に興味を持ったり、株に興味を持ったり、さまざまだとは思いますがブックメーカーを投資として利用しようとする人もいることも事実です。

英国サッカープレミアムリーグは、日本でもかなり有名なリーグですが、そうしたサッカーの試合にはさまざまな賭けの種類が用意されています。勝つか負けるかということだけではなくて、ハンデをつけた賭け方やコーナーキックの数、ゴールの数などさまざまな賭けが用意されています。

そうしたサッカーの予想に関する研究はかなり進んできており、いかに正確に未来を予想するかという研究は大学レベルでも行われるほど進んでいます。外国為替において世界経済をきちんと予想することはなかなか困難なことです。

理由は、世界経済と親しみがある人はそんなに多くないのが現状ではないでしょうか。それと比較してスポーツは人々の身近な存在として多くの人に認識されています。

中には、好きなチームの試合は全試合必ず見るというような方も多くいらっしゃるかもしれません。そうした人は、スポーツを投資対象にしてもいいかもしれません。

利益は日本の税法で申告

外貨

海外サッカーの人気が高まってきている日本において、海外のサッカーを観戦するだけではなく賭けて楽しむブックメーカーというものに興味を持っている人も多くいるかもしれません。そんな人の中にはすでにブックメーカーをやって利益がでているというような人も少なからずいるかもしれません。

しかしながら、利益はでているけれど、この税金はどのようにしたらいいのかわからないといった人も多くいるかもしれません。英国サッカープレミアムリーグに賭けて、その試合の予想が当たり利益が出た場合は、日本の税法にのっとって申告しなければいけません。

海外ででた利益であっても日本の居住者は、日本の税法にのっとって申告しなければいけないという決まりがあります。海外で出た利益だから申告しなくても大丈夫だと考えている場合には、注意が必要かもしれません。

税金をしなくて、追徴課税ということになると本来払わなければならない金額よりも多めに払わなければならないことになります。ですので、英国サッカープレミアムリーグの試合を予想して、その予想が当たって利益がでた場合であってもやはりその利益は日本の税法にのっとって申告しなければならないということになります。

ボール

アジアのブックメーカーがスポンサー

ブックメーカー

アジアを代表するブックメーカー会社「M88.com」が、AFCボーンマウスのユニフォームスポンサーになりました。アジアのブックメーカー会社としてプレミアリーグのスポンサーになったのは初です。

2004年に設立された比較的新しいブックメーカーですが、急激な成長をしました。アジアでもブックメーカーが流行っていることが分かる事例です。M88は、日本語にも対応をしています。

日本を含めアジアでは、ブックメーカーと海外サッカーの更なる成長が見込めるでしょう。

還元率 賭け金上限 賭けの種類

サッカー

世の中には多くのブックメーカーが存在します。その数は数千サイトともいわれており、その全てを一人で利用することはほとんど不可能といってもいいかもしれません。

そういった場合にやはり、ブックメーカーを比較する人が多いと思いますがそれぞれどのような違いがあるかというと、賭けの種類と還元率、掛け金の上限の違いであることがほとんどです。

賭けの種類とは、サッカーであればゴール数や勝敗だけでなくコーナーキック数、イエローカードの数などさまざまな賭けを用意しているところもあれば、勝敗のみの賭けを提供しているところもあるなどそれぞれいろいろな種類を提供しています。

また、英国のサッカーリーグであるプレミアムリーグなどは非常に多くの方が参加されているリーグなので賭けの種類も多いということもあります。

還元率の違いとは、ブックメーカーの手数料の違いです。ブックメーカーの手数料はオッズに含まれているので、オッズが低いほど手数料が多く、オッズが高いほど手数料が少ないということになります。

また、掛け金の上限は、企業の資金力によってかかわってきます。大きな会社ほど掛け金を多く受け付ける傾向があります。サッカーに賭ける際もどこで賭けるか検討した方がいいかもしれません。

サッカー